シャンテック電子 キットの説明ページ ゲルマニウムラジオの製作
通販カタログ(ラジオキット) 通販カタログ(キット) 通販カタログ(電子部品) 通販カタログ(電子部品) 注文方法へ 注文方法・お問い合せ ラジオ工作の参考ページへ 電子工作の参考ページ
 トップページ >> 電子工作の参考ページ >> ゲルマニウムラジオの製作

ゲルマニウムラジオの製作例

K-002 ゲルマニウムラジオ基本キット (730円)
ゲルマニウムラジオキットを板切れの上に組み立てました。
ラジオ工作の基本、ゲルマニウムラジオ(ゲルマラジオとも言います)はラジオの基本部分だけの簡単な回路でAM放送を受信します。
電波のエネルギーだけでイヤホンを鳴らしますので、電波のエネルギーを多く取り込める性能の良いアンテナを接続する必要があります。 
イヤホンの音量は電波の強さとアンテナの性能に依存します。
ゲルマニウムラジオキット
【 ゲルマニウムラジオの動作(原理)は、電波を受信するには「AM検波」を参考にしてください 】
K-002 ゲルマニウムラジオ基本キットの内容
ゲルマニウムラジオキット 上左: ゲルマニウムラジオの説明書
上右: セラミックイヤホン
中左: ポリバリコン+ビス3本
中中: ダイヤルノブ+ダイヤルシール
中右: ポリウレタン銅線(0.29mm) 15m
下  : ゲルマニウムダイオード(1N60)



ゲルマニウムラジオ基本キットの説明書.pdf ゲルマニウムラジオキットの説明書
アンテナコイルの製作
巻線の準備
ポリウレタン銅線の準備 ゲルマニウムラジオ基本キット付属のポリウレタン銅線は、絡まないように写真の
ように中に新聞紙を入れます。
料理用ラップの芯の直径を計ると約36mmでしたので、巻線は13mとしました。
キット付属のポリウレタン銅線は15mですので、2m切り取ってから巻きます。

※ 製作するコイルに必要な巻線の長さの目安は下記の通りです
直径3cm〜4cmのコイルでは13m、5cm(12m)、10cm(13m)、15cm(14m)、20cm(15m)
【コイルの直径と巻線の長さの関係は電波を受信するには「アンテナコイル」も参考に
してください】
コイルの芯の準備
ポリウレタン銅線を通す穴あけ コイルの芯にする料理用ラップの芯にポリウレタン銅線を通す穴を開けます。
写真はピンバイスで穴を開けています。
⇒ピンバイスの説明はこちら
アンテナコイルを巻く
アンテナコイルを巻く 料理用ラップの芯に開けた巻き始めの穴にポリウレタン銅線を通して、裏側でテープで
留めます。 ( リード線は10cm程出しておく )
※ポリウレタン銅線は重ならないように巻きます。
巻き終わったら、穴を開けてポリウレタン銅線を通して上からテープで仮止めします。
アンテナコイルの完成
完成したアンテナコイル 料理用ラップの芯の余った部分を切り取ります。

巻き終わりの穴の裏側からポリウレタン銅線をテープで固定します。
ゲルマニウムラジオ基本キットの組立
ゲルマニウムダイオードの取付
ゲルマニウムダイオードの取付 木切れを台にして、木ネジを3本取り付けます。
ゲルマニウムダイオードのリード線を木ネジ巻きつけます。

※ゲルマニウムダイオードを逆方向に取り付けてもラジオは正常に動作します。
セラミックイヤホンの取付
セラミックイヤホンの取付 セラミックイヤホンのリード線と、余ったポリウレタン銅線の被覆を紙やすりで削り取った部分をネジリます。 (写真右側の木ねじ部分)
ネジったリード線と銅線を木ネジに巻きつけます。
(写真中央の木ねじ部分)
アンテナコイルの取付
アンテナコイルの取付 製作したアンテナコイルのリード線の被覆を紙やすりで削り取ります。

画鋲でコイルを台に取り付けてリード線を木ネジに巻きつけます。
ポリバリコンの取付
ポリバリコンの取付 ポリバリコンを両面テープで台に取り付けます。

木ねじに巻きつけたコイルのリード線をポリバリコンの端子に巻きつけます。

最後にポリバリコンにダイヤルを取り付けます。
完 成
ゲルマニウムラジオ ゲルマニウムラジオの完成です。
ゲルマニウムラジオは増幅回路を持っていないので、このままでは放送は聞こえません。
外部アンテナを取り付け、感度を上げて放送を受信します。
アンテナからの受信入力が小さいと放送を聞くことが出来ませんので、数メートルのアンテナを接続してみてください。 アースを併用すると感度が上がります。
ゲルマニウムラジオ基本キットの組立 その2
画鋲(押しピン)を利用して作るゲルマニウムラジオ 木の台に画鋲を利用してゲルマニウムラジオを製作しました。
アンテナコイルはティッシュケースの空き箱で製作して、写真左側の黄色と白色の画鋲で留めます。
セラミックイヤホンは右側の赤色と白色の画鋲で留めます。
ゲルマニウムダイオードの一方はアンテナコイルの銅線に巻きつけて黄色の画鋲で